「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2011年12月28日水曜日

-小さな中東-


諸曁(Zhuji)で中学校の英語の先生の家に2泊させてもらった後、義鳥(Yiwu)に向かった。
気温はますます下がっていく。大阪で日本出る直前に大阪で1900円で買ったジャケットが風から守ってくれる。ただ、自転車をこいでるときってけっこう暑い・・。大きな川にかかる橋でも渡ったあとには汗だく。そして冷えて風邪を引く。なので停止している時意外はジャケットを脱いで走ったりマフラーやホッカイロを組み合わせたりと、いろいろ考えて体温調節しているのだけれど。

風邪引いた・・。

それでも何とかついた義鳥。実は昨夜まで泊らせていただいたおうちはホットシャワーも暖房もなかった。それでも電気毛布をひとつ貸してくれたり、お湯を沸かして湯たんぽを作って夜をしのいだ。
寝不足と体調不良で決断した、今日はホテルに泊る!

中国には宿泊所にもいろんな種類があって、「旅館」と呼ばれる宿が断トツ格安。でもそのほとんどが外国人を泊めるための許可証を持っておらず、何件も周ったが結局旅館はダメで、少し高いホテルに泊ることになった。とても痛い出費。でもテントを張ったら医療費の方が高くなる気がしてそう決めた。

実は、この旅始まって2ヶ月、一度もホテルなどの宿に泊っていなかった。
一泊だけ弟と琵琶湖湖畔にテントを張って寝たが、ありがたいことにそれ以外はみんな民泊させていただいた。このサイトのタイトルも「世界の田舎に泊まろう!」、だからこそホテルは避けてきた。

旅の出費の多くを占めるのが宿泊費。
もしその出費がなかったとしたら、みんなそのお金をどんなものに使うだろうか。
きっともっと旅の内容が豊かになるんじゃないかと思う。
ホテルで誰とも会わないでテレビ見て寝ちゃうのと、その土地の生活や人々の中に入ってまるでホームステイのような体験をするのとでは大きな違い。

ここ過去4年の間に世界中から250人以上の外国人を家に泊めてきた。
綺麗なシーツ一枚の為に大金を払っても翌朝にはチェックアウト、ホテルから追い出されてしまう。
それならそのお金で美味しい寿司や酒でも食してもらいたい。せっかく日本に来たなら日本の友達を作って、畳の上で布団を引いて寝て、僕の不器用な日本料理でも食べてから帰ってもらいたい。
そう願う外国人もとても多い。物価も高く海に囲まれ飛行機じゃないとこれない日本。それでも外国人が来たいと願うのは、それだけ日本の文化や生活様式、そして日本人に対して魅力を感じているからだ。

僕も外国にいるなら可能な限りその国の文化の中に入って行きたい。
でも今日は、しょうがない。一応看護師、自分の体も心配しないと。。

この義鳥という街は、いわゆる「made in China」を輸出入するために世界中から外国人が訪れる。特にパキスタン、イラク、アフガニスタン、トルコなどの中東やアフリカ諸国が多い。この日、同じホテルに宿泊していたアフガニスタン人のサニーと一緒にナイトマーケットに出かけた。彼は文具を中国から輸入するためにしばらく滞在していて、祖国を数ヶ月ごと行き来している。

「アフガニスタン最近どう?自転車走れそ?」

僕が知っているアフガンといえばテロや紛争くらいだろうか。今までにあまり考えたこともない日本からはいろんな意味で遠い国だ。

「いまだにひどいよ。いつ何があってもおかしくない。タリ○○は容赦ないんだ。」

首都は安全らしいが地方に行けばまだテロの脅威が潜んでるのだそう。でも彼は言った、

「去年2人外国人チャリダーを見たよ。ヨーロッパの方から来たらしい。」

・・いた!僕と反対方向だ。地を這いつくばってでも進むチャリダー、どこにでも出現するなあ。シルクロードを通る際にアフガンに行くか行かないかはまだ今は決められないが、たとえ行けなかったとしてもいつかは行きたい国。近い将来、日本から直行便が出てツアーなんかも募集しちゃって、日本のおばちゃんたちでも気軽に来れるような国になる日がくるのだろうか。

いや、来る!

ナイトマーケットからの帰り道、交差点を青信号で渡っていた僕を三輪のバイクがかすって行った。その時サニーが言った。

「昨日ここで少女が車に跳ねられたよ。」

しかも青信号を一人で渡っていたらしい。車を運転していたのは女性。泣きながら少女の元に駆け寄っていったという。
泣くくらいなら、なぜ跳ねた。なぜ赤信号を平気で突っ切ろうとした。
僕らは理解できない彼らの行動に腹を立てずにはいられなかった。

この前も中国人の友達と街を歩いていたとき、信号が赤になったので立ち止まった。左右から車が流れ始める。友達は、

「なぜ渡らないの?みんな渡ってるじゃない。」

人は車の間を縫うように、車はこれでもかというくらいクラクションを鳴らしながら人をよけて走っていく。まさに死と隣り合わせ。
ほんの30秒だよ。この30秒を待つか、それを長いと感じ一生をここで終わりにするか。
親が子供と一緒に赤信号で渡るから、子供もそれを良しとして渡る。

もしその子供が赤信号を一人で渡って、引かれたとしたら、その親は泣くだろう。その時自分が知らずに子供に与えていた教育を振り返るのだろうか。

日本から出て異文化の中に自身を放り込むと、色んな矛盾や疑問が見えてくる。その国の善いところ悪いところ、そして母国の善さも悪さも。日本も昔はそうだったに違いない。豊かになるにつれ、法を順守するようになり、秩序を守るようになった。ただ、少し行き過ぎた面もあるとは思うけど・・。
だからすぐに先進国のような秩序を保てというのも無理がある。時間と人々の理解が必要。

それはわかってる。わかってるけど。
未然に防げるのにもかかわらず痛い思いをする人々を見てしまうと、もどかしい思いがしてたまらない。


Zhuji - Yiwu
走行距離 : 67.99km
平均速度 : 16.8km
最高速度 : 38.9km

2011年12月26日月曜日

―ケーキと涙にまみれて―


どこにでも姿を現します、Keiです。
呼ばれても呼ばれなくても、新たな面白い出会いを求めて誘われたらNOとは言いません。

KTVやパーティーが続いたクリスマスウィークも終わりが近づいてきた。
24日は、クリスマスイブと友達二人の誕生日が重なって幸せ3倍の日。
外国での日本料理店といえば、「鉄板焼」。
欧米じゃそこらじゅうにあるけど、日本では高級料亭を除いてあまりみないかも。大きな鉄板の上でお客を前にシェフが何でも料理してその場で出してくれる。お好み焼き屋がキャパを広げたみたい。

食べ飲み放題。普段の食事よりはるかに高いけど、特別な日だから。


そうそう、この味。
刺身やお寿司と一緒にわさびが口に入ったとき、一瞬だけどすごーく懐かしい気持ちになった。

集まった70人のうち8割がスペイン語を話すもんだからお祭騒ぎ。
メキシコ人ウタ・オドリ・オサケ大好き。

店員さんにもクリスマスを。グラスにワインをついで店員さんに渡すと、飲む飲む!つぐ度に「ガンベーイ!」そして一気飲み。そうだよね、クリスマスだもん。一緒に飲もうよ!

中国本土のようにデカイケーキが登場するもみんなお腹いっぱい。
そして中国のケーキは見た目はゴージャスだけど味と中身はいまいちなのはみんなご存知。
じゃあもう、顔だ!
Shang dan kuai la~~!」(メリークリスマス)
と叫びながら店内を走り回り、店員も巻き込みケーキのつけ合いっこ。
いつの間にかみんなの顔はクリームやチョコレートでいっぱい。
Keiが始めたんだよー!」
油断していた隙に後ろからクリームまみれの手に襲われた。

クリスマスの夜はMarcoの家でホームパーティー。杭州最後の夜でもあった。
朝市場に行って肉と野菜を買ってきた。今日は僕が料理を作らせてもらう。
これまで一緒に過ごしてきた仲間が集まり、楽しい夜だった。

せっかくできた友達なのに、もっと長く一緒にいたいのに、明日の朝この町を出る。

僕は旅人。
現住所なんかない。
自転車が僕の家で、車で、恋人。
そうでも思わなきゃ、この場所から離れられない。
長く居過ぎたかもしれない、でもみんなは「短すぎるよ」って言ってくれる。



次の日の朝になっても、杭州を離れるという実感が正直湧かなかった。
Luのお父さんが一緒に次の街までの約半分52kmを一緒に自転車で走ってくれた。
「ちょっと乗らせて。」
お父さん大丈夫かな。荷物満載の自転車は70kg近い。63歳のお父さん、またがってペダルに足をかけるが全く進まず、すぐにバランスを崩して倒れるを繰り返し。
ため息をついて、かなり落ち込んでいた。最初はマウンテンバイクでもないこの自転車と僕の痩せ型な体型を心配していたようだが、完全に信頼を得たようだ。
寒いので郵便局の中のベンチでお父さん手作りのお弁当とビールでお昼を取った。

ここでお別れ。
このときはじめて、この街を本当に離れるんだって実感がした。
色んな思い出がフラッシュバックして脳裏をよぎる。

涙が止まらん。鼻水も。

謝々杭州!

再見!


走行距離 85.52km
平均速度 17.4km/h
最高速度 48.7km/h