「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2012年1月12日木曜日

-ひとりの命-

この日、ひとりの命が亡くなった。
数分前まで明るく元気に話していたと思ったのに、
今はもう亡き人。彼女を置いて、突然去っていった。
・・・・・。


Yiyangからこの先も、南昌までは田園風景が続く田舎道。
次の街Dongxiangまで行きたかったが今日はすでに90km近く走っており、時計を見ながら今夜泊る場所のことを考えていた。左右をキョロキョロみながら景色が綺麗なキャンプ場所を探す。すると国道から500m程右にそれた場所に大きなダム湖のようなものが見える。地図には載っていないがだいぶ大きそうだ。家畜農家の前の細長い道を、ニワトリを避けながら通ってたどり着いた場所は、霧の中に大きな亀の甲羅のような山がいくつも浮かぶ湖、予想以上に綺麗な景色が広がっていた。今日はここで寝るとしよう。
日暮れまであと30分。幻想的な風景を見ながら、好きな音楽を流し、テントも無事設置完了。近くに商店すらなかったが、持ち合わせの食べ物ととっておきのワインを飲みながら映画を見て眠くなるまで過ごす。
今日もよく走った自分にご苦労様。

テントの天井に釣り下がり揺れるランタンを見つめる。
去年の夏、バイクにテントを積んで、伊豆半島をキャンプして周ったことや、9月の和歌山でのテント生活を思い出していた。上高地も、石巻も、白馬も、甲斐も、どこにいっても日本は星が綺麗だった。夜テント入り口のジッパーを開けて、ふと空を見上げたときに広がる星空が大好きだった。でもここ中国では残念なことに星がほとんど見えない。大気汚染が原因で昼間ですらかすんで見える。都会からはずれたこの田舎でも空気は綺麗ではない。二ヵ月後、中国北西の山奥に行ったら期待できるかな。





































翌朝、お腹が空いたと騒ぎ出す僕のお腹を、持っていたオレンジとヨーグルトでごまかしながら着いた街、Dongxiang。露店ではおばちゃんたちがお客さんと大声で笑いながら話している。
よろよろよろ。
ゆっくり走りながら何を食べようか考える。ひときわ元気な小龍包屋のおばちゃんと目が合った。スタンドのない自転車をちょっとした段差によりかけ、優しい手招きと蒸し器から立ち込める湯気に吸い寄せられるようにお店の前に立つ。3個で1元(12円)の小龍包がとっても美味しい。日本から自転車で来たと話すとたちまちに子供から大人が寄ってきて「アイヤー!」と驚いていた。「加油!」(頑張ってね!)とみんなに見送られ、よし今日も一日頑張るぞ!と気合を入れる。嬉しいと、ペダルも少し軽く感じてくる。
中国の仲良し ジャイアン・スネオ・のび太くん
中国の正月(今年は22日から一週間)を前に、すでに学校や会社は休みに入り、帰省し始める人たちが中国中を大移動し始めている。都心から地方への電車の切符は二週間先まで買えないものや、高速道路は渋滞。一般道も荷物を大量に積んで走るバイクが横を通り過ぎていく。
何組かのカップルが自転車に横付けして走り、どこへ行くのかなど興味深そうに質問してくる。日本人だとわかると、ゆっくりわかるように話してくれ、退屈な走行中も彼らのおかげで楽しい時間にかわる。

お昼前だっただろうか、少し休憩してマンゴーを食べていると、寄りかけ方が悪く、自転車が動き出し、道路わきの1mほどの段差に前輪からすべり落ちていった。後輪側は気づいてすぐに掴んで支えたが、重くて重くて半分落ちかけた自転車を引き上げるのにとても時間がかかった。

その時、直線に伸びる道路の800m程先に人だかりがあるのは気づいていた。きっと何でもない、またトランプや将棋の賭け事に人が群がっているのだろうと思っていたが、何となく嫌な予感もしていた。自転車を何とかして引き上げ、散らばった荷物の中身を拾い上げていたその時、人だかりの前に救急車が停まった。嫌な予感は的中した・・。
二人乗りバイクがすぐ道路から反れた木に正面からぶつかり、一段低くなった土手に転がっていた。動かなくなった男性の隣には泣き叫ぶ女性と、ついさっき到着した医師と看護師が点滴ルートを取っていた。翼状針が血管に入らず焦る看護師。僕も自転車を停め、そばに駆け寄るが、男性はすでに呼吸も脈も止まっていた・・。
すぐに救急車に運び入れ、病院に搬送されたけれど・・・。
















割れたヘルメットと血痕、壊れたバイクが残る。
バイクの荷台には、きっと田舎に持ち帰るのであろう大きな荷物が積んである。
これから寒くなる冬の為に購入したのか、新品の毛布も・・。
家族全員が全国から集まり、盛大にお祝いする中国正月。幸せな時間になるはずなのに。
残された家族は、彼女は・・。彼らの思いを考えただけで心が痛い。

本当は、結婚式に呼ばれていたので寄る予定の街だったのだが、実はそこの家の両親が最近になってやっぱり外国人は「ごめんなさい。」と断られた。「日本人」だから、じゃないといいのだけれど・・。共産主義にとても関連の深い街、南昌に近づいているということが今になって実感してきた・・。中国人ですらあまり行きたがらないという南昌、どんなところなんだろう。少し覚悟を決めた。

そんな心配をよそに、一緒に御飯を食べたその家族の15歳の女の子が自転車での旅にとても憧れを抱いていて、なんと「妹にさせてください。」と言ってきた。僕には実の妹が東京にいるが、「二人目で良かったらお願いします。」と真剣な眼差しだった。
「よし!いいよ!今日から中国の妹だ!」
いまいちこの変な関係がよく解らないが、頑張る人、夢を抱く若者はぜひ応援したい。
今まで中国だけでも何人もの若者がこの旅に夢を抱き、いつか僕のようになりたいと言ってくれた。
いつか彼らも自転車で日本を走りに来るときが来るのだろうか。
そうだとしたら今からもう再開が楽しみになってきた。


Yujian to 南昌(Nanchang

走行距離:119.34km
平均速度:15.7km/h
最高速度:36.7km/h


2012年1月10日火曜日

-冬に旅するメリット-


江西省Shangrao市、Yiyang.

国道320号から少し北にはずれたところにある小さな街。
ここで出会った医学生の姉弟にとてもお世話になった。

彼らの家には僕が泊るスペースがないというので、彼らのおじさんが経営するゲストハウスの一部屋を無償で貸していただけることになった。泊る場所確保ー!
撮影Camera : Gopro Helmet Hero

こんな場所でテント張って寝たら気持ち良いだろうなあ。
って思えるような霧がかった綺麗な湖や山にも車で連れて行ってもらった。

春から学校の美術の先生になるJaneの従妹の誕生日パーティーがあるというので参加させてもらった。中国の誕生日ってどんな感じで祝うのだろう。

集まっていたのは総勢40人もの人々。親戚やその友達、そして見ず知らずの外国人の僕。
お母さん方が腕を振るって作った大量の豪華な料理と御飯、手作りの「米酒」と呼ばれる冷たい甘酒のようなお酒が運ばれてくる。

でも僕だけだろうか、なぜかすごいあせらされている気分で食べているのは。
というのは、山盛りの料理が目の前にあるのに、30分ほど勢いよく口にかき込み、すぐにケーキが出てきて、お開き。席にも着かず立ちながらせわしなく食べている人々も。
そのままの勢いで子供も大人も車に乗り込みKTVへ。
でもたくさんの人に囲まれて迎えた20歳の彼女とその旦那さんは幸せそうだった。

ある日、Nickのお父さんが食事を作ってくれるというので他の友達も呼んでお昼を食べにお邪魔した。ちなみにNickとかJaneって英語の名前だけど、完全に中国人。中国人の名前は外国人にとって発音しにくいため、だいたい高校生の時に先生がみんなに英語の名前を与える。もちろんもらった名前が好きじゃなかったら他の名前を選ぶこともできる。
日本人にもそれぞれ英語の名前があったら面白いかも。自分だったらどんな名前がいいかな。

この日の午後、お父さんが働いている美術館に連れて行ってもらった。
美術館や博物館て正直興味がなくて、旅の資金に余裕があるわけでもなかった。しかも、政治がらみの内容だった。だけれども、その日は休館にもかかわらず僕の為に開けて案内までしてくれた。
これはもう、見ます、喜んで!!

ところで、寒い冬と暑い夏。
それぞれの季節に旅するメリットってなんだろうか。日本では湘南にしばらくいたせいか夏が好きだった。「雨季」と「戦地」と「真冬」は避けて旅をしようと考えていた。今回この時期を避けられず冬の中国を走っているが、あながちそう悪くないかもって時々思うことがある。この時期だからこそ得た恩恵とは。

~冬のメリット~

・食中毒になりにくい。
・汗をかかないから洗濯物が少ない。
・服の量で体温調節ができる。
・蚊がいない。
・ダニ、南京虫がでにくい。
・畑も田んぼもお休み中、だから田舎ではテントが張りやすい。
・街のゴミがにおわない。
・手持ちの食物・水が腐りにくい。
・水分摂取量が少なくて済む。
・降水量が少ない。

~夏のメリット~

・服が少ないから荷物が少ない。
・キャンプ・BBQ・他アウトドア系が楽しい。
・川・湖で体が洗える。
・日中外(日陰)でのんびりと過ごせる。
・夜遅くまで外で過ごせる。
・洗濯物が乾く。
・緑の景色が綺麗。

それぞれのメリットはデメリットになるんだけど。結局どっちの季節走っても楽しいってことか。デメリットはとりあえず考えない笑 望んでも自然の力には勝てないもんね。

でも鼻水が止まらない毎日が続くと、早く暖かい国に行きたいという気持ちをおさえずにはいられない。


Yiyang to Yujian
走行距離:88.35km
平均速度:18.6km/h
最高速度:36.7km/h


2012年1月8日日曜日

―アンパンマン号―



Quzhou市でのんびりとした新年を向かえ、年末引いた風邪もやっつけていざ前進!
今後はJiangxi Provinceへと入っていく。
Quzhouで会った人も、その後会った人もみんな口々に言うのが、

Jiangxiは悪い人が多く危ない。中国人でさえもあまり行きたがらない。注意してね。」

そんなぁ、驚かせないでよ。
とは言うけど、ほとんど気にしてもいなかった。まだ会って話してもいない人たちを悪いだなんて思いたくなかったし、新しい場所でもきっと楽しい旅が出来ると信じてた。

にぎやかだった街からずいぶん遠ざかり、山の間を走る国道をひたすら走る。
景色は次第に田園風景にかわり、ニワトリ、牛が時々道路を横断する。くわえタバコのおじさんが棒を振り回して、ヤギの群れを上手にまとめながら歩いている。
コンクリートのビルなんてなく、崩れそうなレンガの家が並ぶ。
人々の生活は決して裕福とはいえなそうだが、木の枝でチャンバラをする子供達や、逃げるニワトリを追いかけるおばあちゃんなんかを見ていると、なんかのんびりとしていていいな。


ところでこの日、今雲南の山間の村でボランティアとして英語を教えに行っているEmmaからメールが来た。雲南からチベットにかけては多くの少数民族が住み、昔ながらの生活を続けている。

「子供達は貧しいけど、可愛いし、とても頭がいいよ。」

自分も昆明に着いたらEmmaの後を継ごうと考えていた。しかし、実は訳あって今ルートを南西から北西へ、つまり東南アジアは次回にして中東へそのまま進もうかと検討中。もしかしたら今年雲南はいけないかもしれない・・。それだけでかなり残念だが、おいしいところは後に残しておくのも一つの手。


着いた街は玉山(Yushan)。
今日はテントでも張ろうかな。そう思っていたが、まだ日が暮れる前だし少し街を見よう。
めったに外国人が来ない街だそうだが、人々はフレンドリー。大きな公園もあって綺麗に整列してテクノの音楽に合せて不思議なダンスをするおばさんの集団もあちこちでみかける。
音はクラブ、踊りはラジオ体操。

この日はやんちゃな11歳の男の子が主役の温かい家族にお世話になった。
一緒に街に出るとイヤホン片方を僕にくれ、一緒に音楽を聞きながら歩いた。
大家族が作ってくれた豪華な夕食はとってもとっても美味しかった。
彼と彼のおじさんと一緒に夜公園を散歩していると、雪が降り始めた。
あーテントにしなくてよかった。近くの屋台のイスに座って三線をひいていると、近所の人も集まってきてまた楽しい夜に。

なんだ、色んなこと聞いたけど、やっぱり根から悪い人なんていないんだ。