「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2012年8月18日土曜日

ー大切なパートナーとの別れー



実は僕には旅の仲間であり(小さな)彼女である大切なパートナーがいた。
facebookには載せてブログにはまだ書いていなかった。

彼女の名前はチーズ。
シマリスの子供で、浙江省杭州からずっと一緒に旅をしてきた。



果物が大好きでいつも僕と半分こして食べていた。
甘えん坊で人懐っこくて、時々ボランティアにも一緒に連れて行くとおじいちゃんおばあちゃん達も喜んでくれて。みんなチーズが大好きだった。


時々おしっこをするけど、安心するのか肩に乗っているのが好きで、杭州の西湖でマルコ達のギターの演奏会をしたときもしっかり肩にちょこんと乗って皆に挨拶をしていた。



していた・・。
そう、その大切なチーズにこの街で悲劇が起こった・・。
こう始まった。

特に真っ黒になったこの日一日の汚れを洗い落とし、安旅館を出て夜のRuzhouの街に一人繰り出す。夜市で手作りのアクセサリーを売っていた学生達と友達になって話をしたり、屋台でビールと米銭(春雨拉麺)4元(50円)を食べながらpadで映画を見てリラックスしていた。


夜0時をまわった頃、宿の男達が車で迎えに来た。昼間は割と無愛想な接客だったので、きっとたまたま通りがかったところを見つけてくれたのかなと思って乗ったら、本当にわざわざ探して向かえに来てくれたらしい。優しいじゃない。

もう少し外でゆっくりしていたかったけれど、せっかくだから宿に戻る事にした。宿の入り口をくぐった瞬間、フラッシュが焚かれた。宿のロビーで集まっている慌ただしい男達。新聞記者たちだった。
昼間無愛想だった従業員達もころっと態度を変え飲み物やらフルーツを用意してある。こいつら・・ 彼らがメディアに流したのがわかった。利益だ。

今日はとても疲れていたし、この時期外交関係がアル島の問題で敏感になっていたというのも知っていたから静かにしていたかった。地元紙の彼らは知っているのだろうか、それともそんな事、記事が書ければ関係ないのだろうか。それに僕が何よりも怒ったのは、挨拶も名刺も無く、遠くからフラッシュを焚き、かってに取材を始める礼儀の無さだ。上海・杭州や武漢などの大都市の記者はしっかり礼儀を重んじているが地方都市の記者はどうしてこうだらしないのだ。南陽のある記者の男は取材中にiphoneでゲームを始め、鼻くそをほじってあくびする始末。終いにはもう帰っていただいて結構です!とそれから30分程説教をした。

書ければいい。給料さえもらえればいい。じゃないでしょ。大勢の市民が読むんだよ。記者たる者命を張って取材しなきゃ。だからココの記者は・・って言われちゃうんだよ。間違った報道を訂正するにはどれだけの力がいるかわかるでしょ。無垢な子供は、大人を信じて、間違ったことでも信じて育ってしまうよ。

そんなプンプンした夜の話はここまでにして。

その宿のオーナーが次の日街の歴史あるお寺などを案内してくれるというのでまともな記者と通訳さん同行のもと観光する事になった。
翌朝、1000年以上の歴史を持つ仏舎が並ぶお寺、白雲禅寺に向かった。
2時間程敷地内を歩き、丘の頂上まで登り古い町並みを見下ろしながらしばらく風に当たり涼んだ。チーズもこの日一緒に着いて来て、皆の肩から肩へ飛び乗っては、参拝に来ていたおじいちゃん達を驚かせていた。

山の中の洞窟の中に作ったような変わったレストランで地元料理を頂き、帰る途中でのことだった。


村を走る省道を車で走っていると、今まさに起きたばかりだろうという生々しい交通事故現場に遭遇した。視界の先には潰れた三輪バイクとタクシー、人だかりが見えた。すぐに車を止めてもらい、バイクのドライバーのもとへ向かう。頭と肩から血を流し座っている。村人にすぐ救急車を呼ぶようにと叫んだ。通訳さんが僕の荷物の中の救急袋をつかんで持って来ると同時に、彼女の肩にいたチーズをホテルのオーナーに渡した。
出血箇所を押さえていて周りの男達や僕の手は塞がっており、通訳さんも手を血まみれにしながらも救急車が到着するまで補助をしてくれた。担架もない救急車が到着・・念のため首を保護し、男達総出で彼を車に運び入れる。


救急車は僕を載せて出発。「すいません、僕は降ります!」すぐ先の信号で飛び降りて、事故現場に戻った。
すると通訳さんから衝撃の一言、

「チーズが見つからない・・。」

(T_T)…

一連の騒動の中で僕らは見ている暇がなかった。
「誰が見ていたの?」
ホテルのオーナーだ・・。大勢の人だかりにビックリして肩から降りたらしい。その後は早くて追いつかなかったのだと。
「まだこの辺にいるかもしれない。皆で探そう!」
村の人達も、目の前のガソリンスタンドの従業員も皆で探してくれたが、運が悪い事にその周辺は深い茂みになっていた。
遥か彼方浙江省杭州から一緒に旅して来たのに・・。ここRuzhouでお別れなんてあんまりだよ。

それから一時間程探したが一向に出て来ない。木の上も探してみる。
ふと気づくと逃がした張本人のホテルのオヤジがいない。なんと車の中で寝ていた。カッとなった僕は車から引きずりだし、失くした時の事を聞いた。
「気づいたときはもういなかったからきっと探してもどうせみつからないと思って・・。」
はぁ。。
呆れて言葉が出ない。

もう日が落ち始め当たりがうす暗くなって来た。しかたなく僕らは街に戻る事にした。記者さん達が今夜中に写真付きで村中に張り紙をしてくれるという。
帰りの車の中で通訳さんや記者さんは
「私たちもチーズが大好きでした。本当にごめんなさい。」
と気遣ってくれたが、彼らのせいではない。一緒に探してくれて逆にとても申し訳なかった。
一方ホテルのオヤジはというと、沈み込む僕らを背中に音楽を流し陽気に歌を歌っていた。悪夢の中に出てきそうだ。ホテル名を出したいところだけど、やめておこう。



その後定期的に連絡を取り合うも朗報はない。
4ヶ月の子供とはいえ、きっとチーズのことだから大丈夫だと思うけど・・。
きっと今頃良い友達に巡り会えて、果物がたくさんある森の中で幸せに暮らしているのだろうな。

アンパンマン号の荷台に荷物を積んで出発した朝、後ろにチーズがいないことに突然悲しくなって涙が出た。

今までありがとうチーズ。
これからそれぞれ違う旅が始まるけど、お互い元気でいようね!






Ruzhou  to  洛陽
走行距離: 96.64km
平均速度: 17.5km/h
最高速度: 52.1km/h


facebook:(keiichirokawahara,河原啓一郎)







2012年8月17日金曜日

ーバナナマンと悲劇の前日ー




数日だけの滞在だけど、思い出多き平頂山にもサヨナラを言うときが来た。
昔僕はとても涙もろい男だった。家に泊めた旅人が出て行く度に泣いていた。寂しいとかじゃないと思うんだ。一緒に過ごしたたった2日間なり3日間が一気に思い出されてすごく切なくなる。寂しいのか。
でも不思議と回数を重ねることでその涙も出なくなった。
人は強くなるものなんだね。


河南省の平頂山学院にいたにもかかわらず、ここから遥かに遠い山東省の大学の学生達からこちらの大学の学生にサインを求める連絡が来た。どうやってここにいるってわかったのだろう。広大な中国も編み目のような情報網に時々狭く感じてしまう時がある。数枚サインしたその紙の中には日本語で「夢があって、誰もが素晴らしい」と印刷されているものがあった。

僕の隣にいるのが近い方からアホーとアブー。黄色い彼が今回僕のホストのキュウウィさん。みんな小さなプレゼントをくれて、アブーは歯ブラシをくれた。


ゆるい下り坂から崖のような坂を通り抜け、次ぎの街、Ruzhouへ。
平頂山手前から洛陽までは噂に聞いていた路面情況よりは全然マシだったけれど、「真っ黒になるよ」という注意はその時聞いてもなんのことかわからなかった。来てみてわかった。この辺一帯タールの生産地だったのだ。炭の粉が山の様に盛られたトラックが行き交う道路が続き、その荷台にカバーをかけていないものだからすぐ隣を追い越されるときには炭の粉が舞ってあっという間に体が真っ黒になる。その度にハンカチで拭うが絶え間ないトラックにまた汚されるの繰り返し。お手上げ状態。


途中の小さな街で休んでいるとこの大家族が休んでいきなさいって、エアコンの効いたお店に入れてくれて水も持たせてくれた。
一番前のドヤ顔君と、二列目のバナナマン日村カット君可愛い!
みんな可愛い。


汚れた手で目をこすれば腫れてきたし、白いTシャツは茶色に、僕の肌はアフリカ人になってきた頃にRuzhouの街に到着、いち早くシャワーが浴びたくて適当な安宿を見つけ入った。街の公園などではおなじみ河南オペラが開かれご老人達が夜になるとどこからともなく涌いて来た。



この後この街であんな悲劇が起こるなんてこの時予想もしていなかった・・。

平頂山 to Ruzhou
走行距離: 70.13km
平均速度: 17.5km/h
最高速度: 43.2km/h


facebook: (keiichiro kawahara,河原啓一郎)


2012年8月15日水曜日

ーサンダルを食べた日ー




こちらの大学生の朝は早い。
まだ寝てていいよ〜と言われるもみんな朝6時くらいには起き出して活動し始めるものだから僕だけ寝ているのは申し訳なくて一緒に起きる。目覚めに顔を洗ったらほっぺと目頭2カ所蚊に刺されていたのに気づいた。顔を刺す程腹ぺこなのかな。
昨夜も遅くまで起きており、疲れが取れないよ。

だいたい毎晩の日課になっていること。
まずはブログやその他の記事の更新と写真の選定。これが時間がかかる・・。Fbweiboなどの更新、友達への返信。次ぎのホストへの連絡。医療の知識を忘れない為にネットでお勉強。走った軌跡の記録。今後のルート選定と道路地図の暗記。昨日今日覚えた新しい中国語会話の復習。新しい単語帳作り。
酔い過ぎてなければだいたいこれらを終えてから寝るのだけれど、たまに長距離走ってボロボロになった時など酔いつぶれて眠りたい日もある。

歯磨きは忘れずに。(旅保険が効かない)
僕の保険はもう切れちゃったけど・・。中国の歯の治療代はどのくらいかと言うと、中病院の場合虫歯削って埋めるくらいなら数百円。親知らず抜くくらいになると、1000円程。保険適用後の日本に比べても安い・・。嬉しい事に西安の知り合いの病院で治療してもらったらタダだった(涙

今年の夏は海がない夏。
日本では湘南に住んでいたので、海が見たければ江ノ島に自転車を飛ばしてはボケッと海を眺めていた。海の無い長野で生まれたけれど、釣り一筋の青春を送ってきた僕はその趣味が父にも感染し、父が毎週末新潟上越まで車を飛ばしてくれた。

Facebookでは「今日○○ちゃんと海に行ってきたヨ〜」の写真が花火の写真と共に続々アップされて行き、ため息が出るばかり。海から3000kmも走ってきたここユーラシアの内陸には汚染された川と時々テロかと思わせる伝統の爆竹しかない。週末スイミングプールに行った友達に感想を聞いてもし良かったら僕も言ってみようと思った。そしたら彼女は言う、
2mも先に進めなかった。人が多過ぎてまるで鍋に浮かんでる水餃子の様だった。」


この写真は海?
いや違う、観光客も中国人もまず行かない小さな街、平頂山。
ここには綺麗な湖が隠れていた。しかも大学の図書館の後ろに。水は比較的綺麗で、この地方の水道水もここから引いている。地元民もタイヤチューブにプカプカ浮かびながら気持ち良さそうに泳いでいる。
僕らもパンツ一枚で飛び込んだ。アホーはブリーフで飛び込むから、濡れた後の彼には目を向けられない。



残念ながらそういう訳でアホーのサービスショットはありません。
え、いらない?

アホー達と3人で自転車を走らせ有名なお寺へ。チベット仏教を思わせるようなカラフルな旗が翻り、長野の善光寺に負けない程大きな仏閣が僕らを迎えた。


山の麓から頂上まで一直線に仏閣がいくつも並び、階段を上り一つずつ見て行く。その中盤にくるとひときわ大きな仏舎があり、旅の安全を祈願する。すると中からお坊さんが出て来た。
「食事は済まされましたか?」
お坊さんに着いてお寺の運営を手伝っているボランティアの女性からそう聞かれた。時計を見ればいつの間にか1時を回っていた。お昼はまだです。そう答えると、
「食べて行ってください。」
そう言われ、ありがたいことに食事を頂いた。他のお寺から提供された食事で余ってしまったものらしい。感謝感謝し、合掌、お言葉に甘えて景色のいいところで頂く事にした。


実は仏教経典の教えの一つには昔から旅人は救い持て成すこととされており、相手が他宗教だろうが無宗教だろうが平等に受け入れることと教えられている。西安の慈恩寺にインドから持ち帰ったサンスクリット語の経典を置いた玄奘(三蔵法師)も過酷なシルクロードをなぜ体一つで旅が出来たのか。きっと弟子の猿さんと豚さんのおかげだけではないはずだ。人は家を一歩出れば誰しも旅人で、逆に言えば旅人ではない人はいないのではないかと僕は思う。隣人に限らず知らない人同士でも助け合ってその結果この世を良くして行こうというのは仏教の根本的な教えだ。
僕は宗教について、「強く信仰する」と「厚く信仰する」とでは意味が異なると思う。またそれについては長くなるので・・。
韓国、台湾、中国(本土)のお寺ではたとえ欧米人バックパッカーでも清く泊めてくれるところが多い。ある韓国のお寺では修行僧と同じスケジュールで起床し、境内を掃除し、粗食を食べるということに従う代わりにいつまでも泊まっていいという場所もある。もちろん強制ではない。


1000年以上の仏舎 コインを押当て落ちなければ幸せになれるらしい。

一方日本はどうかと言うと、あまりそういう場所は少ない。
国が変われば同じ宗教でも様式が異なるのか、何度か僕も試みたが「そんな話初めて聞いた。」と幾分冷たくあしらわれ泊まらせて貰えなかった。もちろん人がいなくなったころ境内や庭でこっそり寝る事は可能だろうが。
毎日熱心にお線香と花を携えお寺に足を運ぶ他国の仏教徒を見ると彼らの生活の中にいかに深く根付いているかが感じられる。日本のお寺はいわばこの国に仏教があるというただのシンボルの役割であり、参りする人々の目的も他国のそれとは少し異なり半ばレジャー化しているような気がする。お賽銭を投げ、祈願し、お守りを買うのとは何か違うものがこちらにはある気がしてならない。


ちなみに僕の家はお寺じゃないけどここ5年で外国人を250人!泊めてきた。高いお金をつまらないホテルに使うのならその浮いた分で美味しい寿司でも食べて日本を満喫して帰って欲しい。そして今度は僕が会いに行く番だよ♪


aaa-堅い話してしてたらお腹痛くなって来た・・。
昨夜食べた屋台のBBQのせいかな。にしてもあの肉も堅かった。ビーチサンダル食べてるみたいだった。でも美味しかったからそのサンダル2枚食べた。


下山中に困っている人達発見。
境内にトラックで運ばれて来たのは大きな太鼓。ものすごい大きくて重いコレを屋内に入れたいというのだ。扉はこれ以上開かず、足下には40cm程の段差が有る。神聖な太鼓の表面には傷一つ付けたくない。さあ、どうやって縦にして入れようか。

僕らも一緒になって考えた。工事現場から鉄パイプ、倉庫から毛布・ロープを持って来てこれをどう生かそうか。今中国の子供番組で大人気なのは日本の「一休さん」。オジさん一休達の知恵比べが始まった。
このお寺、実は超偉いお坊さんたちが集まっている。普段は参拝に来る人々の為にお経を唱え綺麗な服を着て座っている人達だ。ボランティアの女性達がお坊さんに一言話しかける時には合掌して一度お辞儀をしてから話しかけている。

考えた結果、写真のような御神輿(おみこし)ができた。すごーく重い。
アホー、カメラ回している暇じゃないよ。
アホな僕もバックパックを降ろしてから運べば良かったのに、壁と太鼓の間に挟まった。


あー良かった。これで雨の日でも太鼓が叩けるね♪
つがうか。

アホー、アブー、一汗かいたから湖に泳ぎに行こうか。
アホーはアレだけど、アブーってアラジンの友達だよね。
僕いつもアラジンパンツ履いてるから、いい友達だね。
アホー、今回ちょっとブリーフはまずいから僕の水着かしてあげるね。


お知らせ☆

8月25日(土)午後13:00~14:55放送
SBC信越放送「ともラジ」の”世界はともラジ”
のコーナー(14:20頃)に毎月出演しています。
信州のみなさんよろしければ御拝聴ください。
http://sbc21.co.jp/radio/tomoraji/index.php?itemid=24232  



facebook: 
(keiichiro kawahara,河原啓一郎)