「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2012年9月28日金曜日

ー薬を届けた少数民族の村ー



ストローと割り箸で何かを作って遊んでいる男の子達。
画用紙に色鉛筆で絵を書いて遊んでいる女の子達。
車で2時間程走った山の中にも、都会と変わらぬ子供達の笑顔があった。
しかし彼らが数日前まで住んでいた村は土砂崩れと地震で壊滅。中には家族を失った子供達もいる。

臨時に設置されたテント村。
まさか一生のうちで自分が仮設テントで寝泊まりをし、机も教科書もない仮設テントで作られた小学校で勉強をするとは思っていなかっただろう。

「薬」はこの村に届ける事にした。


早朝、薬の名前と数をボランティアスタッフと共に紙に書き出す。
多少箱に凹みがあったものの、1週間大切に守りながら運んできた薬はほとんど原型のままだった。計15種類、品名で分けると36種類。他に消毒や包帯、絆創膏なども山ほど入っている。ただ、日本語教師の先生からいただいた日本の薬は表記も日本語で、寄付としては難しいという事で、僕が預かる事にした。



テント村の仮設診療所の前で、駐在していた現地ボランティアのゴウさんに薬を受け渡す。今は離れてしまったが、彼も震災直後からこの地に来てボランティアを続けていた優しい青年だ。薬を管理している彼の元には常にお年寄りや子供達が薬を求めて集まってくる。すでに、いわゆる一般薬が貯蓄されていたが、これもこの村の避難民200人以上をカバーするには足りず、供給に追いつかず減っていく一方だと言う。


山岳被災地の医療にはまだまだ頭の痛い問題が山済みだ。
病は軽いうちならば薬で治せるかもしれないが、もし重篤なった場合診てもらえる大きな病院は近辺になく、都会まで出る足やお金がない。本当にいざとなったときは地元政府が車を出して病院まで連れて行くことになるが、彼らは救命士でもなければ24時間対応できるわけでもない。

しかし、ないものはない。限られたリソースの中で、人々が知恵を出し合い助け合いながら行きていくしかないのだ。

ただ、都会から離れた山岳地帯で暮らす人々というのは、僕ら便利な都会で暮らす人間と違う素晴らしい生きる知恵を持っている。それは祖先から代々受け継がれ、自然と人間が上手に付き合ってきた中で培われた、まさに生き延びる為の技術なのだろう。もし風邪を引いたり怪我をした場合、おばあちゃんが引き出しから取り出したるは何やら怪しげな薬草や乾燥した木の実。これが本当のTCM(伝統的中国漢方薬)だ。考えてみれば、もともとこの場所には(震災前から)化学薬品や高度医療機器などないのだ。


話がそれるが、雲南省ではない河北省の田舎での話。
友達がまだ幼かった頃、突然体側に原因不明な真っ赤な湿疹ができて、とても痒くてたまらなかったという。母親が医者に見せてもわからないと言うばかり。そこでここぞとばかりに登場したのは曾祖母(ひいおばあちゃん)。友達曰く、彼女は「魔女」だと・・。
彼女は友達をベッドに横たわらせ、何かモゴモゴと唱え、白酒(酒度70°)を口に含み、口元に火のついたマッチを持って来るなり一気にその白酒を霧のように噴射した。たちまちその霧は炎に変わり、その炎は友達の体を包んだ。
その直後、あのヒドイ痒みはどこへやら・・。
その翌日には湿疹も薄くなりやがて治癒したのだという。

ウン、魔女だ。


雲南省、特に少数民族の村にも僕らには理解し難い摩訶不思議な話がたくさんあるようだ。地元の人からしか聞けない話。そういう話はまたいつか時間が出来たら書いていこうかな♪

  

僕らがこの村を去るとき、子供達がお礼にと、唄を歌ってくれた。
唄の歌詞の意味はわからなかったけれど、最高の笑顔と可愛い手の振り付けに感動。涙が出そうになった。
実は歌詞の意味がわからないのは僕と遠藤さんだけではなかった。あとで聞いた話、この子供達もわからないのだという。メロディーだけで歌っているのだと。
教育水準の問題か。いや、思えば僕だって小学校のとき歌った歌の歌詞なんてほとんど理解していなかった。音楽の先生に歌えといわれてパッヘルベルのカノンを歌っていたが歌詞の意味などわからないし気にしてもいなかった。この子達も同じなのだろうか。彼ら独自の言語と、普通語(北京語)は全く異なるゆえ、彼らからすれば他の中国人の話す言葉や、この歌の歌詞は外国語のようなものだ。

動画YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=Op5z8jZUWJg
Youku
http://v.youku.com/v_show/id_XNDU1NDgxNjgw.html



仮設テント小学校。教室で子供達に手品を披露した。
子供達が驚き喜ぶ顔が見れて少しほっとした。
本当はゲームしたり、テレビ見たり、もっと楽しいことして、お母さんに怒られるくらいふざけ合って笑いころげてもいい年頃なのに、不幸にも起こった災害は彼ら子供達の生活をも変えてしまった。

動画Youtube

Youku
http://v.youku.com/v_show/id_XNDU1NTA3NzM2.html

被災地の子供達にとって震災や洪水により受けた傷は体よりも心の傷の方が深く、薬では治せないケアが必要だ。先日、云南彝良震区にある学校の先生から知り合いを通じて連絡が入り、子供達の心理カウンセリングをお願いされた。今ネットを通じて中国中に呼びかけ、専門知識のある方の協力をお願いしたところ、数名の志願者からの応募が来た。

子供達の笑顔がない村なんて、なんか寂しいよ。



そして昨日、残念な情報を聞いた。
仮設の小学校の運営が厳しくなり、廃校になってしまったそうだ。十分な教育物資と、教員の不足が原因。今子供達は山道を片道1時間近く歩き、3つの学校に別れて通っている。

相変わらず僕を心配してか、監視か、ついてくる政府/警察達。この日は22人。
震災発生直後に訪れた温家宝首相依頼の厳重警備らしい。
その後来たジャッキーチェンは自家用ジェトでパッと来てすぐパッと消えてしまった。

もう長く一緒にい過ぎて、仲良しのお友達になっちゃったね。
一緒にいるからには、一緒に長靴履いて作業してもらいますよ♪

(上記内容は2週間前のもの)

★ラジオのお知らせ★
SBC信越放送「ともラジ」
1013日(sat.13:00~14:55
僕は14:30頃、中国からの中継(録音)で出演します。
現地から生の情報をお伝えします。
(毎月出演)
http://sbc21.co.jp/radio/tomoraji/


facebook: (keiichiro kawahara,河原啓一郎)
http://www.facebook.com/coucou.kei


【北京】今日はglobal times ,lonely planet,南方都市 3つの取材で先ほど終わったところ・・。来週以降はもっと忙しくなりそう。お金も時間もないし、大丈夫か僕。。

2012年9月27日木曜日

ー届かぬ声ー




実はYiliangに入る前に、被害が大きかった場所の一つ、昭通区を訪れていた。
昭通市で軟禁状態の時に、
「路線バスも出ているんだ。いい加減被災地に行かせて欲しい。」
でなければ明日朝にでもホテルから逃げるくらいの気持ちでいた。
結果僕のしつこさに政府も折れ、車3台人を満載して、昭陽に向かう。
道中、車内で日本のラジオスタジオから電話がかかってきたのを覚えている。お尻が10cm浮く程のでこぼこ道をひたすら進む大変な時に、一体なんだ。毎月一回の収録が今日だった事をすっかり忘れてしまっていた。しかし、おかげで臨場感がある実況ができ、これまでで一番レポーターらしい話が出来たような気がする。車内のお偉いさん達は日本語がわからず、まさか日本のメディアと話していたとは思っていないだろう。


中国の被災地支援は日本のそれとは少し異なる部分を見つけた。
まずこちらでは被災者の“声”が気の毒なくらい、世間に届かない。例えば政府の支援が届かなかったり、足りない場合などは意見・新たなニーズとして上がり、追加支援などを容易に依頼できる。復興のフェーズが上がっていくにつれて変容するにニーズに対応しながらそれなりの継続支援はなされているのが日本だ。
しかし社会体制上、政府への不満や意見を言う事が困難な中国は、たとえ支援が足りなかったとしてもなかなか大きな声を上げる事ができない。もし楯突いたりするものなら恐喝され今後の継続支援や義援金(別に深刻な問題あり)に悪い影響が出てしまう。
震災支援で世間の目と一般のボランティアの人手を必要としているのは始めの数日の危険な人命救助のフェーズを除いてはその後長期的に続くはずだ。なのに震災から数日でボランティアを中止させるというその考えが理解できない。もちろんやむを得ず去ったボランティアも、残った団体も理解に苦しんでいる。



なぜそんな酷なことを平気でできるのか。理由がある。
震災とは国にとって負の出来事で、11月のリーダーが変わる代表選挙にも不都合なことなのだ。テレビをつければ、国がいかに被災地復興に力を注いでいるのかということを、これでもかというくらい華やかな映像と音楽で編集し、繰り返し繰り返し流している。あたかも、“復興は順調。震災は過去のもの”そう言っているようだ。だまされるのは狭い見識のステレオタイプの人間に限らない。新聞テレビをそのまま情報としてとらえて信じ質素に暮らす人々の目にもそう映ってしまう。


市街地から車で一時間ほど山の小道を走り抜け、仮設テント村に入る。
40張程のテントに200人近くが暮らしている。
足下はぬかるみ、長靴でなければ靴は泥に埋まってしまうほどだ。
見上げれば断崖絶壁の山々に囲まれ、地滑りの跡があちこちに見える。今まさに土砂崩れがあったのではないかとも思えるほど未だに湿った土砂がゆっくりと動いている箇所もあり所々通行止めになっていた。

動画>>you tube

http://www.youtube.com/watch?v=zD6N6YHkiL4&list=UUjNB-I3R643_-O1T_QS6Hqg&index=2&feature=plcp


「寒くないですか。何か不便なことや必要なものはありますか。」

あるご高齢の夫婦に話を聞いてみた。

「いやあ、ないね。満足しているよ。」

本当だろうか。その暗い表情と、周りを気にする落ち着かない目線、寒さにこすり合わせるしわしわの彼らの手を見るとそうは思えない。

ボランティアに化けて一緒に来たプロの北京の有名ジャーナリストが後で人が少なくなった時に再度聞き返した。

「本当に必要なものはない??」

その彼女の問いに老夫婦は、

「う、うちは足りてるけど、他の家のは色んな物が足りないし、朝晩は寒いみたいだよ・・。」

おそらくそれが彼らが本当に言いたかったことだろう。ジャーナリストも確信した。しかしこれだけ多く政府の人間がいれば被災者は本当の心の内を明かす事ができない。本来ニーズを調査し、要望に対しフィードバック支援をする立場にいなければならない人間達が恐れられている。被災者(国民)に蓄積されていく不満は結局あとで自分たちに返って来ることは考えてのことなのだろうか。このツケは大きいぞ。


押し殺され、届かぬ被災者の“声”。
僕だからできるボランティアの方向性がだんだん見えて来た。

続く・・


http://www.infzm.com/content/81166

日本青年中国 遭“袭击
(襲われた時に助けを求めたメディア。蒼井空の後の特集・・。)





  

facebook: (keiichiro kawahara,河原啓一郎)
http://www.facebook.com/coucou.kei



2012年9月26日水曜日

ー被災地支援が抱える葛藤ー





車窓からはたくさんの仮設テントが見えた。
雲南省の大自然の中を電車と車で走り抜け被災地へ向かう。
まるで水墨画のような、思わず見とれてカメラを取り出す時間さえ惜しいほどの壮大な景色。その景色に全く似合わないブルーのビニールテントが目につく。ついに被災地に入ったのか。

18日の最大の暴動の日が過ぎるのを待って僕らは貴州貴陽を発った。
前日から家の前には私服警察が24時間待機している。
荷物を抱え脇目もふらぬまま一階の扉から飛び出しそのまま警察車両に飛び乗る。2日ぶりに外の空気を吸えたのはこの家から車までのわずか数メートルだった。

「ここは私の街、私の街では私があなたを守る。」

3晩泊まらせて頂いた家の娘さん、Chundyが僕らに言った言葉だ。
ブーツからジャケットまで全身ブラックに身を包み、自分を“ブラックウーマン”と呼んでいた彼女は独特の世界観を持っていて、正義感に満ちあふれた女の子だった。

kei達は一歩も出ないでいいからね。」

地元政府や警察との仲介も全て彼女と、北京から飛んできて、身分を隠して一緒に同行していた記者達がやってくれた。

僕:「支援物資と僕の大切な友達には、指一本触れさせない。」

記者・Chundy:「Keiには指一本触れさせない。」

・・



日中関係がこれまでになく悪化し、中国国内での日本を潰せという声が高まる中、いかに僕らがとっているこのアクションが重要で、注目されているかがわかる。新聞・テレビは悲しくなる程デモや暴動の話しか伝えず、外国にいる本当の中国を知らない人々はあたかも中国人全てが暴徒化してしまっているのではないかと思い込ませてしまう伝え方だ。
しかし、政は政、民は民。

テレビに映る、日本製品を破壊し盗み狂気に走る人々はごくごく一部。実は皆その一部の中国人に、同じその他の多くの善良な中国人が頭を抱え、憤慨しているのだ。
メディアは悲しくもそんなデモに隠れてしまった本当の中国の姿をなかなか伝えない。

被災地で雨漏りするテントの中で寒い夜を過ごす被災者も中国人。車を破壊されたのも中国人。日本のパソコンを全て盗まれ閉店に追い込まれた家電屋の主人も中国人。

「理性的になろう。」

そう呼びかけが広まり始めたのは最近のことだった。
実際デモや破壊を繰り返す人々の1/3は“例の島”がどこにあるのかどうかすら知らない。ではなぜ彼らは怒り狂うのか。無知で頭がおかしいのか。そういう人ももしかするといるかもしれない。しかしその多くの理由、反日運動の背景には、こちらの政府に対する不満の矛先を外国に向け逃がす、11月の代表選挙に絡んだ、国民に対する卑劣な洗脳が原因だ。公には言えない、weiboに書き込まれてもすぐに削除されてしまうが賢い国民はわかっている。


先日ある人から連絡が入った。

「私はかつて、反日デモのリーダーをしていた。しかし考えが変わった。間違っていた。君を支持する。」

人の心は人の心によって変わる事ができる。
元反日リーダー、今は日中の和平を願う一人の中国人。彼のような人が他にも大勢いるに違いない。



護衛付きの警察車両で貴陽の駅に向かい、駅に着くなり今度は鉄道警察に引き継がれる。改札を通らず警察専用通路からプラットホームへ出た。その映画の様な情況に自身でも「切符買ってない・・」なんて事全く考えもしなかった。
寝台列車に乗り7時間、雲南省昭通へ。
昨日は1時間、一昨日は3時間の睡眠しか取れていなかったので寝台車の堅いベットが腰に心地よい。体を横にした途端、まるで温泉の湯船につかったときの様なため息が出た。枕元で弁当をくちゃくちゃ食べてる警察なんてのも気にしない。これで眠れる・・。そう思ったのもつかの間、30分に一度携帯が鳴るものだからたまったものじゃない。中国本土だけじゃなく、香港・台湾・日本のテレビ新聞等のメディアが意地でも寝させてくれない。しかしこのアクションの起こす波は良い意味でこの社会に影響を与えつつある。なるべく断らないようにしていた。ただ、もういい加減体力が持たない。電源を切ろうと決心した時、僕の生まれた地元長野の「信濃毎日新聞」から電話が来た・・。地元ととなると断れない・・。これまた話が長い・・。
そうこうしているうちに夜23時。昭通の駅に到着した。

地元政府がホームで待っており、「日本語や英語を話さないように。」と伝えられ、裏口から政府車両が待つ広場まで一気に出た。そこから車で数十分、用意されたホテルに到着、その夜はここに泊まる事になった。

どうして、ここまで綿密に、周到に事が進められたのか。
実は僕のweiboに様々な有力者からの支援が届いていたのだがそのうちの一人に毛利輝という人物がいた。彼は雲南省昭通出身の大物政治家で、個人的なボランティア活動にも力を注いでおり、彼を主人公にした映画も作られていた。ネット上には何万という書き込みがあるが故、彼からの書き込みに気づいていなかったのだが、weiboの会社のディレクターから直接支援者の中の有力者情報を伝えられた。そうして毛利輝との連携が実現した。




しかし政府は政府だった。僕らには僕らの都合があるが、向こうには向こうのやり方があった。そのおかげでほぼホテルに丸2日間軟禁状態だった。
3時間程会議室で協議が行われる。地元政府は言った。

「支援物資を持ってきてくれてありがとう。私たちが預かります。」

まさか、預けるわけがない。国民の信頼が失落した政府と、それに繋がりがある汚職だらけの中国赤十字社に渡せる支援物資など、ない。もし渡したとして、僕に支援物資を託してくれた武漢・南陽・西安の支援者がもしそれを聞いたらがっかりするだろう。保健衛生局の方々も後から来たが、丁重にお断りして帰って頂いた。

話を聞けば聞く程、彼らは自分の役職の事ばかり考えており、被災者の事など全く気に掛けてもいなかったように思える。

結局僕らが出した答えは、一度「政府から離れる」こと。
予め遠藤さんが連絡とっていてくれた地元NGOにコンタクトを取る。
「監視したい」半分、「安全を守りたい」半分の政府はどうしても着いて来るという。どうぞ、好きにしてください。


最も被害が大きい地域の一つ彝良に入る。
僕らが乗った政府車両はNGOの仮設事務所に向かうと思いきやまたもや彝良政府の敷地内に入った。ため息・・。また軟禁かと思いきや、こちらでNGO車両に乗り換える為にこの厳重警備が効いた場所を選んだのだとわかった。

NGOのスタッフで医師だと言う男性が待っていた。
ずっと後で知った事だが、実は彼はボランティアに変装した私服警察のひとりだった。
(「NGO」といっても中国には「本当のNGO」は事実上存在しない。全て政府のコントロール化で運営されている。)



事務所に到着。団体の概要や活動内容の説明を受ける。
その時衝撃の事実を知った。
震災発生11日、918日付で「ボランティアは必要ない、撤退して被災地から出るように」という命令が政府から出されていたのだ。それが記された紙を見せられ、唖然とした。 この団体だけで17日までは253人のボランティアがいたのだが、その後は激減し30人に。事務所管理もしながら現場にも出るという人手の足りなさだ。もちろん、彼らも家に帰るように命令されたが地元NGOとして意地でも残った。現地入りした団体は10団体にも満たない。

3時間程、ボランティアの受け入れ再会はされないのかや震災発生からこれまでに浮上してきたいくつもの問題について話し合った。東日本大震災を経験した僕らの体験や、日本ではバラバラに集まるボランティア志願者をいかに組織化してチーム・団体として力を発揮して被災者のニーズに応えて行くかなど、情報提供・共有もじっくりと行った。

しかし、部屋には僕らに着いてきた政府の人間達がおり、彼らが本当に言いたい正直な気持ちが聞けなかった。でもその話す表情で、痛い程この状況下での活動の苦難さが伝わってきた。上からの圧力と、今も辛い生活を送る被災者を思う気持ち、限られた行動範囲、色々な問題が複雑に絡み、もどかしさと不満が積もっていくばかりだった。

続く・・

facebook: (keiichiro kawahara,河原啓一郎)
http://www.facebook.com/coucou.kei