「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2012年11月1日木曜日

誰も知らない中国の日系企業の話。



ビザが切れるためラオスに一日だけ行っていた間に、
北京からさらに250kgの支援物資(衣服)が列車で到着し、その前に3人の北京人ボランティア仲間も飛行機で到着し、昆明の市場で雲南の小学校の子供達に寄付する文具や体育用品などを買っていた。
この市場、これまで見て来た中でダントツに大きい。こういう時によく東京ドーム何個分とか言うけど、わからない。とにかく大きな建物が20以上横並びし、端から端までまっすぐ早歩きで歩いても一時間以上かかる。
Made in China製品と東南アジアを結ぶ重要な貿易拠点だ。
とにかくなんでも大量に手に入り、安い。しかし相手もプロ、値段交渉にも気合い入れて、折れずにいこう。必ずふっかけられ、そして格安に落とせるから・・。

支援者から託された義援金と一緒に来た友達4人が集めた義援金で買えるだけ、日産(Nissan)さんに提供していただいた車2台に積めるだけ支援物資を買った。

スポンサーとして、そして雲南支援バックアップとしてついて頂いた日産Nissanが車2台と地元ドライバー2人を提供していただくことになった。
日系自動車企業、もう涙も枯れて出ないくらい中国では悲惨な状態。工場も車も破壊され、不買運動の一番の標的にされている。
ある時期店舗には赤い旗が入り口を塞ぐように貼られていた。
ある観光名所のレストラン入り口には「犬と日本人は立ち入り禁止」。



だけどね、

日産さんが過去数年間ずっと中国北西部の貧しい地域の子供達を中心に、教育サポートなどの社会貢献活動を続けていることをどれだけの人が知っているだろうか?
中国にこれだけ慈善活動に力をいれている企業がどれだけあるだろうか?
もし彼らの支援がなかったとして、未だに学校にも行けず、教科書も貰えない子供達がどれだけいるだろうか?
そのまま育った子供達の未来はどうなるのだろうか?
日産は日産でも、従業員とその家族はみんな中国人だということを知っているだろうか?



北京日産の部長さんにお会いしてお話を聞いた時、必ず良いパートナーになれると思った。こんな苦境の中でも、利益ど外視での継続した慈善活動。そして社員同士でも支援物資として衣服を集めて被災地に送っている。
そんな日産さんに心を打たれた。

もっと日中お互い良いところを伝え合わないと。
中国の教育支援、被災地支援の為に頑張っている日本企業。
日本東北の被災地で今もボランティアを続けて頑張っている中国人。

彼らのような人達がいる限り、この世界が曲がってしまったとしてもきっと元通りになるし、いつかまた来るだろう災害にも国境を越えた助け合いの輪が広がるきっかけになるのではないかと、僕は思う。


【新聞news】:


facebook: (keiichiro kawahara,
河原啓一郎 http://www.facebook.com/coucou.kei 

Documentary TV show



2012年10月31日水曜日

中国ラオス国境情報・ビザ情報




ビザ延長の為五回も入国管理局に通うも拒否され、そうしているうちに期限が目前に。(前記事)
しかたなく昆明からラオス国境までバスで行き、歩きで一瞬だけラオスの旅に出て、すぐ中国に戻る事にした。
中国側国境モーハン

中国ラオス国境情報

雲南省昆明には北部・南部・東部・西武バスターミナルがあり、それぞれの方面にバスが出ている。ラオス中国国境に向かうバスは南部バスターミナルから。

・中国側国境の街モーハン行き 約15時間 20:30発 338元 
・ラオス第二の都市ルアンパバン行き 約24時間 18:30発 398
・ラオスの首都ビエンチャン行き 約30時間 18:00 ,19:30発 587
(別保険2元)
(ラオス他の都市へのバスはモーハン(中国側)のバスターミナルで購入可能)

いずれも寝台バス。横3列に二段ベッドが並び、大きな荷物はトランクへ、貴重品は枕元、靴は縫いで頭の下の収納スペースへ。枕、毛布付き。トイレ休憩は3時間毎くらいに有り。夜中2時から5時は運転手の睡眠タイムでバスは停車する。窓口での予約時席を指定できる。揺れるので上のベッドに寝る人はシートベルトで胴体を固定しないと落ちる。
ラオスのバス会社は乗り換えがあるが、中国のバス会社は乗り換えず直通で目的地までいける。どれがラオス・中国バスかの見分けがつかないので運転手に確認。窓口の人はあまり詳しくない。


密閉されたバスの中での食事は臭うので厳禁。おじさん達の足の臭いは最初に慣れてしまえば平気。空調が効いてくればなんとかなる・・。

昼前にバスはモーハンのバスターミナルに到着。ここからラオス各地へのバスチケットが買える。



中国乗り物の旅。目的地まで線路が引かれていれば電車の安い寝台(硬臥)をお勧めする。理由は長距離列車のイス席(硬座)とバスの旅は体に堪える。そして寝台列車のほうが荷物を安全に管理でき個人のスペースもあり、疲れたときは動き回れるし車内販売でいつでもお腹を満たせる。

これらのバスの他にいわゆる違法近長距離バスはたくさんあります。どこの国も同じですが、バスターミナル周辺にはこういった白タクのみならず白バスの呼び込みをしている人々がうようよいて、合法バスより安い事もあるが安全性と目的地の正確さは保証できない。その会社に乗る前によく問いつめて確かめることが賢明。

ラオス側国境モンラーへ続く


ラオスビザ情報

日本人は15日以内ならビザ無しで滞在可能。
それ以上滞在したい場合は国境のイミグレーションでアライバルビザを取れる。写真とお金だけ用意しておけば手続きは簡単。中国出国手続きを済ませ1km程歩くとラオスイミグレが見える。新しい建物が建設中。



中国ビザ情報

同じく日本人は15日以内ノービザ滞在可能。
観光Lビザや訪問Fビザを取得したい場合は各国の中国大使館で。国境ではできない。規定では中国行きの航空券の提示が必要とあるが、列車や船のチケットでも可能。大阪からの上海の船のチケットで観光ビザが取れた。

日本で取得する場合は旅行会社に取得代行を依頼しなければいけない。
ネット検索で「中国格安ビザ取得」などと検索すれば簡単にみつかり、郵送でビザ取得手続きは簡単にできる。週末含め取得に最低一週間はかかるので余裕を持った早めの手続きを。



ちなみに一度目のビザは大阪で3ヶ月観光L
武漢で一ヶ月延長、160元。ホテル宿泊の場合はレシートを、地元の人宅宿泊の場合は先に警察で「住宿登記」を発行してもらってから入国管理局にもっていかなければならない。「住宿登記」発行にはその家の住所の戸籍謄本のような登録証とその家の方の身分証明書が必要。
二度目のビザは東京で6ヶ月の訪問ビザF。観光Lで申請したはずなのになぜかFが送られて来た。Fは就業する事も可能。笑

ラオス側国境に一件だけあった食堂でお昼。ナンプラーが東南アジアに来た事を感じさせる。

キャンピングカーで旅する欧米親子。その隣にはバイクの旅人。国境は面白い出会いがいっぱい。

ただしバイク含め中国へ車で入国し旅をするのは非現実的。ありえないくらい多額なお金を政府に払い、24時間中国人ガイドと共にしなければならず、最初に提出した予定ルートからは外れることができず観光もできない。でても一ヶ月の許可のみでその期間に通り抜けなければならない。もちろんガイドの宿や食事も全てこちら負担。
まだまだ内側からも外側からも閉鎖された国だ。




一瞬だったけど南国ラオスの花々と優しい人々に少しでも触れ合えて心が和んだ。

でも雲南の被災地の人々は寒い冬を目の前に待てないよ。
戻らなきゃ。

ラオスにさよならを告げ、昆明に戻るバスを待つ。
夕方のバスまで時間があり、雲南の子供達の為にウルトラマンのフィギュアと偽リカちゃん計40体程買った。そしてネットカフェを見つけて入った。受付の女性に「ナニ人?」と聞かれ、「日本人」と答えると入店を拒否された。ここも洗脳されていた。

いいもん、いいもん、慣れてるから。

よーし。たしかにここは中国だ。

ミャンマービザ情報はこちら


Facebook:



(google blogger のストレイジ容量がなくなり写真が掲載できなくなってしまいました。容量増す事を試みるもエラーが出てしまい、しばらく文字だけの更新となります(><;)日本のブログ更新は一ヶ月遅れです。)