「旅」とは、

「旅」とは、「5%の努力と、5%のお金と、90%の人々の優しさ」


ボランティアをしながら世界に笑顔を届ける - 【看護師Keiの自転車世界一周の旅】×【助け合い】 ★現在挑戦中です!


(中国武漢で自転車が盗難に遭いましたが市民数万人の皆様のお陰で取り返し、無事旅を続けています!!)

2012年4月4日水曜日

-小さなシェフ-



僕がまだ中国一ヶ月目くらいのとき、妹が東京でイタリアンレストランを先輩シェフと共同で開いた。

「一番最初の客になってやるよ!」

と言いながらも、ずっといけないままだった。しかし今回の一時帰国で何度か仲間と集まれる機会があり、幾度か妹のレストランを訪れることができた
歳はまだ今年で22歳、身長は同じ歳の女の子に比べれば小さい。その妹が広い厨房をぴょんぴょん飛び回り、大きなピザを焼く窯を背伸びして覗き込み、ピザとお皿をブンブン回しながら厨房で奮闘する。そんな久しぶりに成長した妹のたくましくも可愛い姿を見て嬉しくなった。

この日集まってくれた仲間は昨年台風12号の被害を受けた和歌山県熊野川町での復興支援を共にした人たち。
大型で動きの遅い台風がもたらす激しい雨と上流の3つのダムから一斉に放流された水は、高さ20mを越える暴徒と化して下流の村三つを押し流していった。生まれ育った家も車も、大切な人も・・。

当時東北に向かう予定を変更。先遣隊に続く第一陣として東京から向かったが、到着して数日後に追い討ちをかけるように台風15号が襲来しキャンプ施設は壊滅、駐車していた車も水につかり、僕らが避難所生活を余儀なくされた。台風の勢いは劣ることなく再び熊野川が決壊し氾濫する恐れまで出て来た。名古屋でも床上浸水、関東でも渋谷の木が倒れるなど各地で被害をもたらしていた。都会から 遥か離れた紀伊半島は土砂崩れで幹線道路も寸断され、いわば陸の孤島。和歌山からのSOSは絶えず続いていた。村の被害はさらに拡大していく。

そんな猛嵐の中、有志を相乗りさせて東京を出発した一台の車があった。それが亀田さん率いるチームだった。

その後、公共の交通機関の復旧の見込みがたたない中、復旧を待っている場合じゃないと言い雨の中タクシーに数万円払って駆けつけた人も。
僕の目に映ったあの時の彼らは、ピンチの時に突然表れる熱い心を持った勇者のように見えた。

そんな大切な仲間達です。

また別の日のパーティー。ニュースや新聞を見てお友達になり会いに来て下さった方や近所の友達、昔からの長い付き合いの友達も来てくれた。

話は飛んで、

今日電車の中で、

「あー俺もチリチリパーマかけて~。」

うしろの方で高校生の声が聞こえた。
周囲のひとから判断してもあきらかに僕のチリチリのことを話していた。
でもチリチリって・・。東野こうじですかw
去年までは縮毛矯正だったけど、夏にパーマをかけて、中国でもっと強いパーマをかけたら、爆発しました笑 はいチリチリです(^^;

2012年4月1日日曜日

- 世界一〇〇な祭 -


 (ビザ更新と盗まれた装備を整えるために今月は一時帰国中。自転車と荷物は中国湖北省に置いたまま。)


一体可愛い子供達の間にそそり立つ、この立派なピンクの巨塔はなんだろうか。
これは毎年、春の息吹を感じるこの季節(4月第1日曜日)に開催される

【かなまら祭】

の今や象徴とも言える御神輿(おみこし)。その名も、

【エリザベス】


世界的にも有名な奇祭「かなまら祭」は神奈川県川崎市、金山神社周辺で行われる。
金山神社は鍛冶の神様を祭る神社だが、江戸時代川崎宿の飯盛女達の性病予防や子宝などの願掛けに端を発し、この「かなまら祭り」が行われるようになったのだとか。

商売繁盛・子孫繁栄(子授け)・安産・縁結び・夫婦和合のご利益があると云われる。
また近年、エイズ除けの祭りとして国際的にも有名になった。

見渡す限り訪れる観光客の半分は外国人のようだ。地元川崎市民も知らなかったという人がいるほどこの祭は日本ではあまり知られていない。しかし外国ではわざわざメディアが来るほど有名のようだ。


「かなまーら♪デッカイまーら♪」

というドス太い掛け声と共に、
2メートルもある男根を担いで街を練り歩くのは綺麗なお姉さま(?)方。
一時間もすれば特厚塗りのお化粧がすごいことに。

(まらとはアノ俗称)



おっとここで男性にはサービスショット。
大根やキャンディーもアノ形になって売られており、その人気はディズニーランドを彷彿させるような行列からも伺える。


大人気のこのキャンディー。その夜、友達の誕生日パーティーがあり、絶好のプレゼントにと思い手に入れたかったが、最後尾が見えないくらい列が長すぎて断念。一体何味なんだろう。

もう・・みんな好きなんだから。


海外から現われたむきむきバットマンも自分のバットを持って祭りに参加。
交通整理していたお姉さま(?)の綺麗に手入れされた細足に釘付け。お姉さまもそれに対し思わずニッコリ。

エガちゃんも被り物をかぶって紛れ込んでいたがアノ全身黒タイツのおかげでバレバレ。写メを撮ろうとする人の群れに囲まれお饅頭屋の奥に逃げていった。
かわいそう・・。


昭和60年代頃からエイズ除けを祭に結びつけたのが話題となり、世界保健機関が世界エイズデーを定めたことも相まって多数の観光客が訪れるようになった。昨年は震災直後の自粛ムードから中止となった為、今年はこれまで以上に客足が増えたと話すスタッフもいた。
上記写真はエイズ撲滅や偏見をなくそうという呼びかけをしていた男性。よーく見ると頭のイチモツにはしっかり避妊対策が施されている。

世界にもまれに見る奇祭。
一時帰国中にまさかこんな日本文化の一面をみれるとは。
お客さんもみんなニコニコでなんだかハッピーなお祭でした。
これで性力を、いや精力をつけて、
夜から、いや明日から頑張ろう!

こちらは「2010年かなまら祭」の様子。今年見た顔ぶれが二年前にもいるよ(^_^)